スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な3匹目

至福の時~♪
011_20141119180218204.jpg

パソコンに向かうお母さんを見つめるくぅミラン。

この可愛らしい視線が愛しくて愛しくて
し・あ・わ・せ~~(〃▽〃)



実は、この写真、
同じショットがもう2枚あるのですが・・・

ミランは良い顔してくれてるのに
くぅの目付きが悪くて残念(>_<)
009_2014111918021946d.jpg


こちらもミランはきゅるる~んなのに
くぅはドヤ顔(笑)
010_2014111918021825f.jpg


まぁ、どちらにしても~
可愛い子たちですけど、何か?って言いたいだけの
犬バカの我が子自慢~( ̄m ̄*)







無題20141119dog無題20141119flower






ご覧の通り、我が家にはワンコが2匹おります。
これまたご覧の通りで2匹ともカラーは茶系。

そして、実は、あともう一匹ワンコが居るのです。

いや違う。

正確に表現すると、
あともう一匹ワンコが居る気配がするのです。
色は茶系で小型。

その子(茶色い犬)は私たちの視界の隅っこに現れます。
例えば・・・
パソコンデスクに座る私の足元をスッと通り抜けたり、
リビングのガラス戸の向こう側をスッと横切ったり、
ペットシーツへと向かうくぅの横を一緒に走ったり、
夜、寝室に敷かれたお布団の上に潜んでいたり、、、

おや~?
今、くぅかミランがココに居たような気がしたんだけど??
おっかしぃ~なぁ~~???
という感じで時々視界の隅っこにチラリと存在を現します。

そして更に不思議なことが、
このワンコが現れた翌日には必ずくぅの具合が悪くなるのです

でも災いのような嫌な感じが全くしない。
逆に、明日くぅちゃんの具合が悪くなるよ~!
と私たちに知らせてくれてるような・・・そんな感情が湧くのです。

先代犬(←この子も茶系)が守ってくれてるのかな?
とも思ったのですが
いや、何となくそれは違う気がする・・・( ̄^ ̄;

今のマンションへ引っ越してから現れるようになった茶色いワンコ。
もしかしたら、くぅミランはその存在に早くから気付いていたのかな?

まぁね、
私たちの目に映るくぅミランの「残影」が見せる錯覚とか、
科学的な視点で見ると解明できるものがあるのでしょうけど、
私にとって科学的云々とかそんなモンどうでもいいです。

我が家には3匹目のワンコがくぅミランと共に居る。
家族みんなが自然と受け止めているこの気持ちだけで、
それでいいやって思うのです。

3匹目の茶色いワンちゃん。
あなたは、だぁーれ^^?(by トトロ)






br_banner_risu_20141113152912864.gif
スポンサーサイト

二匹目は一匹目の分まで大事にされる

今日も今日とてベランダで日光浴のミラン
006_20141112170438566.jpg


くぅはお陽様に背を向けてソファーで爆睡
008_201411121704372d0.jpg






帰宅するお父さんを迎えるべく
玄関が見えるドアの前で毎晩待機してるくぅさん
012_20141112170435c7e.jpg


ミランは可愛さきゅるる~んで待機中~♪
009_20141112170436091.jpg






ミラ~♪と呼ばれると
途端にお耳が消えるミラン(笑)
001_201411121704400f6.jpg


マンマ(ドッグフード)いる~?と言われると
あ~ら不思議~お耳が出現~(笑)(笑)
002_20141112170438cc1.jpg





掃除機でゴシゴシが意外に気持ち良いと発見したくぅ
017_20141112171958808.jpg


はぁ~ゴシゴシ~
015_201411121719595fe.jpg







無題2014092401






「グーグーだって猫である」 とうドラマが
WOWOWで放送されてました。

漫画家の大島弓子さんが飼い猫との生活を綴ったエッセイ漫画を
ドラマ化されたものなのですが、
その中でこんな言葉を耳にしました。


無題20141113 line
二匹目は大事にされる
一匹目の分まで

(先代猫「サバ」を思い描きながら・・・)
人間のイライラは怖かっただろう
もっと塩分を控えた食事をあげればよかった
下痢をしたらすぐに病院へ連れて行ってあげればよかった
あんなに叱るんじゃなかった

一匹目の後悔が大きいほど(二匹目は)大事にされる

サバがグーグーを守ってくれているようなものだ

無題20141113 line


思わぬところで、
私がずっと抱き続けてきた気持ちに遭遇しちゃいました。

くぅを迎えて以来、まさに私はこんな想いの中で過ごして来たのです。

愛犬、愛猫とのお別れは
同じ時間を共に過ごしてきた家族にとってとてつもなく悲しいことです。
だけど、大切な命たちが残していった過去の光景に想いを馳せたとき
湧き上がる感情は飼い主さんによって様々だと思うのです。

私の場合は、先代犬に対して後悔の念に苛まれました。

一時は、もう二度と生き物は欲しがらないぞ!と決めたのですが、
・・・ダメでした。
心を穏やかに癒してくれるあの温もりが恋しくて恋しくて・・・
折しも、私の精神状態が不安定であったことも手伝って
家族との話し合いを重ね、そしてくぅを迎えたのでした。

が、やって来たのはアレルギー持ちで病弱の子。
不思議な縁を感じずには居られませんでした。
むしろ、くぅを私たちが迎えて良かったとさえ思いました。

それからの私とくぅの生活はまさに・・・
「2匹目は1匹目の分まで大事にされる」状態です。
あ・・・いや違う。
我が家の場合は大事にされ過ぎて「過保護にされる」・・・かな?(汗)

あ、誤解なきよう申し添えますが、
くぅミランは先代犬の「身代り」なんて決して考えておりませんので!!
くぅちゃんはくぅちゃん。ミラ君はミラ君。
誰の代わりでも、何かの代わりでも絶対にありません。


そんなこんなで、
私と同じ気持ちの人が居た~♪♪
ってなことで、
変なところに食いついて見入ってしまったドラマでした^^;



illust-withcat1_201411141606351d7.jpg
         illust-withcat2_20141114160634ed9.jpg



今日も寒いですね。
皆様、風邪など引かれませんように。

私は・・・血圧が高めで参ってます(ノД`)



br_banner_risu_20141113152912864.gif

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

sidetitleプロフィールsidetitle

七助(ななすけ)

Author:七助(ななすけ)
【くぅ:チワワ♂】
2008年5月21日生まれ
蝶よ花よで育った為か
自分が犬という自覚ゼロ。
もしかしたらこの子は
言葉を喋れるんじゃないかと
家族も錯覚中です。

【ミラン:チワワ♂】
2012年4月5日生まれ
仙台から福岡まで飛行機で
空を飛んで来ました。
生後9カ月まで
素晴らしいブリーダーさん宅で
過ごした為か、
社交性抜群な健康優良犬。

【七助:人間♀】
古き良き昭和生まれ(汗)
当ブログ管理人で
くぅ、ミランのお母さん。
旦那には強気だけど
犬には超弱い。
弱過ぎて下僕と化してます。

sidetitle最近の記事sidetitle
sidetitle最近のコメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle

おれんじdays
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleカテゴリsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。