Happy Love Days

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07 2010

お願い・・今日は・・

大変恐れ入りますが・・・
本日は何も思わず、何も考えずに
ストレスが爆発寸前のこのアホに無言でお付き合い下さいませ。
(ってか、コメ欄閉じてて誰も何も言えんし・汗)



ストレスが溜まれば溜まるほどに
我が子が可愛くてどうしようもなくなる、アホお母さん。

006_20101206171414.jpg
爆睡王子。
可愛いなぁ~~(*´∀`*)

※お母さんにはそう見えてしまうから仕方がない


009_20101206171413.jpg
ウザそうにチラ見されても
やっぱり可愛い~~(〃▽〃)


002_20101202013837.jpg
最近、うちの子ってデカくない?
と、みんなが感じるほどにデカデカちわわでも、
お母さんには、そこがまた可愛いんですっ♪♪


2010-12-001.jpg
シッコ疑惑の渦中に置かれてもお母さんは怒る筈がないのに、
なに緊張感出しまくってんだよ~~(笑)
可愛いじゃないかよ~~(泣き笑い)

2010-12-002.jpg
クッションの↑↑黄ばんでる部分↑、当事者が言うには

シッコじゃありませんよ( ̄^ ̄)
前足を舐め舐めしたついでに業務拡大しただけです。


だそうで。
まぁ、どちらでも良いんだけどねwww
とにかくお母さんは王子が可愛いんだからさぁ~~)≧∀≦(

usa3154.jpg



最近、考え事が多くてストレス過多のワタクシ。
我が子を可愛いと連呼してちょっとスッキリいたしました^^
が、
訪問くださった皆様は恐らくドン引きされたかと・・・^^;
大変失礼いたしました(*^◇^*)>




illust-tenshi2.jpg
illust-tenshi4.jpgillust-tenshi4.jpgillust-tenshi4.jpgillust-tenshi4.jpg




自営で和食の店を始めた我が旦那さん。
そのお店で次男坊が来年早々から働くことになりました。
旦那はんの後継者としての勉強を始めるのです。
と言っても、料理なんて皆無の状態なので
現在のスタッフの下で見習いからのスタートです。

が。
母親である私の心境は正直言って複雑でして。

3人兄弟の3番目の次男坊(男・女・男の3兄弟です^^;)
上の子達二人に比べると、どうもついつい甘やかしてしまいます。
それこそ生まれた瞬間から「可愛い可愛い」と、
ただそればかりで育ててきてしまいました。

この激甘っぷりは・・・くぅと同じです(爆)

そんな甘々で育ててしまった次男坊が旦那はんのお店で働く。
旦はんの気性を知ってるお母さんは複雑なのです。

職人気質で頑固者で気性が荒い旦那さんで、
横着な態度で接する輩には例えヤ●ザさんでもヤンキー君でも
お構いなしで叱ってしまう猪突猛進なイノシシ男なのです。
そんな旦那さんの下で可愛い次男坊が厳しい修行を始める。
考えただけで、お母さんはもぉ~心がザワザワです。可哀想で。

これでいいのか?と次男坊に問いました。
お笑いの夢はどうするのか?とも聞いてみました。

次男坊が言うには、
今年の夏頃まではお笑いを捨て切れなかったそうです。
でも、1年後、5年後、10年後の自分をふと考えたとき
お笑いの世界をこのまま追ってる限り就職は無い、と。
恐らく今と同じバイト生活をダラダラ続けてるだろうと。
正直言って、あと4~5年はお笑いの夢を追いかけさせてもらおうかと
かなり悩んだみたいです。
悩みに悩み、考えに考えた挙句、

お笑いを追うか断ち切るか、決断するのは今しかない

と悟った次男坊が出した答えは、

お笑いという夢を断ち切り、現実を歩くことでした。
更に、気持ちを断ち切るからにはとても厳しい場所に身を置かないと
そこから離れられないだろうからと、
何処よりも一番厳しい父親のところを選んだのです。

真剣な顔をしてこう話す次男坊を私は直視できませんでした。
もう泣きそうで涙を堪えるのに精一杯だったんです(>_<)

きっと夢を断ち切るときの心境は相当なものだったと思います。
それでも厳しい方を選んだ。
親なら喜んで応援するのが本当なのでしょうけど、
でも、手を叩いて大喜びする気持ちになれないのです。

だって。
夢を話す次男坊の活き活きとした表情を私は何度も見てるから。

どこまでも次男坊に激甘な母親だな、私。。。
しっかりしなきゃ。
うん、しっかり応援しなきゃ。
次男坊が自分で悩み考えて弾き出した結果だもんね。
思いっきり応援しなきゃ。これからの厳しい道のりをね。




illust-tenshi3.jpg
          illust-tenshi1.jpg

父が元気だったら、どんな言葉をくれるだろう・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。