Happy Love Days

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07 2012

自分、不器用ですから・・・

我が子くぅはマジで不器用。

クッションを、ほぐほぐわさわさと解して
自分が寝やすい形にしたかった・・・んだと思われます。

が、

それってどうなのよ王子??

001_20120407172025.jpg
コレがいいんです。
最高傑作ですよ、お母さん(* ̄^ ̄*)v イェイ☆




原型は、↓こう。
004_20120407172024.jpg
どう考えても原型のままの方が
気持ちよく寝られそうなんだけど??


王子、キミってホントに不器用だね~( ̄m ̄*)プププ



001_20120407173038.jpg
じゃあきっとお母さんに似たんですよ。
お母さんの不器用さも救いようが無いですからね~(~▽~;カッカッカ




ァんだと?ゴるぁ!!(←核心を突かれてお母さん凶暴化する)










illust-sunnydays12_20120407174156.jpg

                      illust-sunnydays10_20120407174156.jpg







ご近所にワンちゃんと猫ちゃんを飼われてるお宅があります。
でも
去年の秋頃にワンちゃんが、先月に猫ちゃんが、、
相次いで虹の橋へと旅立ったそうです。

くぅを連れて通りかかったところにそのお宅の奥さんに遭遇。
くぅを見た途端、涙、涙で「もう寂しい~~~」と絶叫されました。
もうペットは懲り懲り!と奥さん。

そう。そうなんですよね~。
虹の橋へと行っちゃった瞬間、泣いて泣いて泣いて
目なんか潰れるくらいに泣き腫らしながらもまた泣いて。
やっと涙が止まって落ち着いたと思った途端、
今度は気が狂いそうなほどの喪失感に襲われる。

先代犬を亡くしたとき、私も叫びました。

もぉーーワンコは懲り懲りーーーーっ!!と。

なのに、懲りませんでした(笑)
あのワンコ臭が恋しくて、あの温もりが恋しくて、
気付くとまたワンコと暮らしたいという気持ちを育ててました。

で、くぅがやって来ました。
(正直、家族と紆余曲折ありましたが・・・汗)


亡くしたときの壮絶さは痛いほど分かっているのに・・・
それでもまたワンコが恋しい。

犬飼いの悲しい性ですなぁ~。




br_decobanner_20101024212141_20120401183750.gif

- 2 Comments

con spirito  

ご無沙汰しました
まあ、くぅちゃんは
そう寝たいのね(笑)
うちの2匹も、どうしてって
思うような、寝床を自分で必死に作っています
面白いですよねー、そして、不思議ですよねー

お母様の後ろ姿・・・
分かりますそのお気持ち
でも、お母様ご立派ですね(^^)
私の母は、60歳代でもう、
会話ができなくなったので・・・
私もお母様のように歳を取りたいと思いました

2012/04/07 (Sat) 20:00 | EDIT | REPLY |   

七助  

con spiritoさん♪

こんにちはー☆
いつもお出で下さってありがとうございますっ(≧▽≦)

家の中でワンコと一緒に生活してみると
本当に面白いこと不思議なことを沢山私達に見せてくれます。
そして、言葉を持たないこのしっぽの天使たちのピュアな心に
私たち人間は時に大切なことを学ばせられます(*v_v*)

とは言え、親バカ一直線で突っ走ってる私は
ワンコが見せる仕種の一つ一つが全て可愛くて仕方ない!
って、結局はそこに落ち着いてしまいます(笑)

母のこと、お褒め戴いてありがとうございます。
この母の強靭な精神力と体力を作ってくれたのは亡き父だと思うんです。
我がままで我がままで我がままだった父の我がままにずっと耐えて来た母。
きっと神様からご褒美をもらったのでしょう。
だから85歳という年齢にもかかわらず元気でいてくれるんだと思います。
娘としてそんな母に感謝です!


お互い、心穏やかな老後を迎えたいですね♪

2012/04/08 (Sun) 15:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。