Happy Love Days

ARTICLE PAGE

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07 2013

苦渋の選択

ひづめLOVEなミラさんw
008_20130906184808c4e.jpg
このひづめ、踏んだら死ぬほど痛いのさ


ゴ~リゴ~リ、噛みまくり~
011_20130906184909edf.jpg


ソファーの上でゆっくり楽しもうと思ったら・・・
012_201309061848067fa.jpg
下に落としてしまった模様(笑)


ムカついてソファーの上で暴れましたとさww
002_201309061848118cb.jpg



ミランの天真爛漫さに萌え~~(笑)

いつも元気に過ごしてくれてお母さん嬉しいぞ!






illust-kumawelcome.gif







へそ天くぅ
003_20130906184810c6a.jpg
体調が非常にヨロシイという証し♪

でもこれステロイド剤の賜物。
薬の効果が切れると途端に腹痛(ノД`)
それも、ワンコの動きを止めてしまう程の激痛。

獣医さんも私も、
本来くぅが持つ力で何とか克服して欲しいと
ずっとそう願って来たのですが
正直言ってあの姿を見ると自力で頑張らせる方が
とても残酷とさえ感じてしまいます。

思い切って獣医さんに相談しました。

ステロイド剤の常用は危険ですか?と。


010_20130906184807fe6.jpg

くぅの場合、
獣医師の管理のもと、きちんと用法・用量を守れば
例え毎日服用したとしても副作用の心配は殆どないとのこと。

獣医さんに常用可能な量を計算してもらい
その数字を見ながら更に色々と先生と話し合った結果、
毎日の服用可能な量より若干少なめの量を
1日おきに一錠ずつ服用していくことになりました。

たぶん一生涯ってなことになると思われます。


これで少なくともあの激痛から解放させてあげられる!と思うと
ちょっぴりホッとする反面、でも何かが心に引っ掛かるのです。
魚の小骨が喉に引っ掛かった時みたいに何だかチクチク痛むのです。

薬に頼って薬に逃げてるんじゃないのか?

本当にコレでいいの?私?

・・・と。





そんな痛みの中、もう一つ問題が新たに発生しました。




014_20130906184803837.jpg

くぅは停留睾丸なのですが。
睾丸の片方が腹部にありましてね、この腹部の睾丸が
ステロイド剤を常用していくことによって
腫瘍化する確立をグーンとUPしてしまうのだそうです。
くぅの命を脅かす要因になるものは取り除きましょうということで
5歳という去勢手術の対応年齢ギリギリなのも手伝って
この手術も早急に受けなければなりません。

実は、この停留睾丸の問題は前々から悩みの種だったのですが、
愚かな私は全身麻酔のリスクが怖くて踏み切れなかったのです。
それに・・・
以前かかっていた獣医師にも若干な不安も感じてましたし。

現在かかっている獣医さんは
くぅの「命」としっかり向き合って下さってます。
この先生、開業前は大学付属の動物病院に勤務されてたそうで、
現在に至るまでワンニャンの難しい手術を数多く経験されてます。

と、そこで、ふと思い立って
全身麻酔ついでに歯石取りもお願いするべく先生に尋ねたところ
停留睾丸の手術と歯石取りを同時にするのは感染症の問題云々で
「僕は同時にするのは反対です。」と言われてしまいました。
去勢手術で麻酔されるついでに抜歯するって話はよく耳にしてたので
予想外の答えにビックリでした。

まぁ、獣医さんによってその辺の考えはそれぞれなのでしょうが
命を守ることを最優先されるこの先生の考えですので、
ここは素直に従おうと思います。

従おうとは思うのですが、でも、、、
全身麻酔という言葉が頭の中でゆらゆら揺れて
なんとな~く胸のあたりにまたチクチクと痛みを感じます。



この事に限らず、ワンコ達の身体のこととなると
ずっとこんな感じなんだろうな~私。

な~~んて、
過ぎゆく夏を肌で感じながら
動きの悪い脳みそをフル回転させ悩むお母さんなのでした。








br_banner_cosmos.gif

- 8 Comments

ばあば  

No title

お久しぶりです  このところずーっとコメント欄が閉じられたままでしたね
くぅちゃんの体調はステロイド頼みになったんですかぁ  家族は健康で長生きが一番だけど
天命は神のみぞ知るですから あまり神経質にならずに(とはいってもあなたの性格だから)ゆったりと参りましょうよ
痛さの我慢はきっと辛いと思うの 副作用がないのであれば先生を信じましょう
くぅちゃんもきっとその方が嬉しいはずよ  こんな時 ミラ君の存在がちょっとでもお役にたつのなら嬉しいです

2013/09/07 (Sat) 22:20 | EDIT | REPLY |   

七助  

ばあば様~♪

お久し振りです! 
ずっとコメント欄を閉じてしまいご心配をおかけ致しました。

腹痛を起こしたときのくぅの姿が余りにも辛そうで、
思わず獣医さんにステロイドの常用をお願いしてしまったのですが
時間が経つに連れ薬の常用は「誰の為の選択なのか?」と疑念が生じ始め
例によってまた後ろ向きになっていました。

ばあばさん、いつも深い愛情で背中をポンと押して下さってありがとうございます。

トイケネルブログでワンコをさも愛しそうに抱き上げるばあばさんのお姿は
如何に命を命として尊び愛して来られたのかが、ひしひしと伝わってきます。
ワンコを失うことを怖がってばかりの自分がお恥ずかしいです。

どんな時でも天真爛漫に過ごすミランを見習わないといけないですね^^

コメント、本当にありがとうございました!

2013/09/08 (Sun) 18:28 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/09/09 (Mon) 01:21 | EDIT | REPLY |   

七助  

鍵コメ様♪

くぅの体調をお気使い下さいまして、ありがとうございます!

教えて戴いた件、もう是非お願いします!!
後ほど改めて鍵コメ様の方へメールいたします。

コメント、ありがとうございました<(_ _*)>

2013/09/09 (Mon) 14:48 | EDIT | REPLY |   

くぅママ  

No title

こんばんは!
更新されてすぐに見たんだけど
なかなか時間と言葉が思いつかず
結局
言葉も思いつかないままコメしてます(爆)

わが家のくぅも
最近、ハゲが出来て
ここ1ヶ月ほどお薬のお世話になってます。
獣医さんも
「チャッチャと治しちゃいましょう」って事で
ステロイドを服用しました。
もちろん、私も納得済みです。

色々と考えちゃいますよねぇ~
わかります。
でも、人は
その時、その時
正しい判断を本能的にしてるそうです。
だから、きっと七助さんもその本能をしてるハズ
私はそう信じてます!
七助さん&くぅ王子、早く落ち着くと良いですね。
う~ん
ミランくん、良い味出してるっ ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!


前記事のマザーズタッチ
まさに
『手当て』ですね。

2013/09/13 (Fri) 01:16 | EDIT | REPLY |   

七助  

くぅママさーーーん!

あわわわわ!コメレスが大変遅くなり申し訳ありません!

そう、色々と考えちゃうんですよー。
それも後ろ向きな事をー(T△T)

「その時、その時、本能的に正しい判断をしている」
あぁ・・・そう言って戴けると、気持ちが救われます。
薬漬けって言葉は好きじゃないけれど
それで何処か一部分でも楽になれるなら、それも必要ですよね。

私たち家族と赤い糸で繋がれたくぅとの縁。
もしかしたらくぅを私達に託されたのかも知れません。

慢性的な膵炎、腸炎、それにアレルギー持ちで停留睾丸、
最近では肝臓の方の疾患も不安視されています。
それら全部をひっくるめて、私たち家族はくぅを全身全霊で愛し続けます。

と、その横で天真爛漫なミランがふっと私の気持ちを和らげてくれる。
私の心が不安で凝り固まらないよう、傍で温もりを分けてくれるミランに感謝です。
いえ、温もり以上に爆笑を提供してくれて、お陰で場の雰囲気も明るくて明るくて
照明が要らないくらいですよー^^ (←大袈裟)

マザーズタッチ=手当
なるほど!! 

てか、くぅママさん、上手い!座布団10枚!(*^▽^*)ノ

2013/09/15 (Sun) 16:11 | EDIT | REPLY |   

くぅママ  

決めたら迷わないっ!

追加コメしちゃいますね。

本能的にその場その場で正しい選択をしてるのだから
決めたら迷わないっ!
迷って出て来る不安を伝えない様にするのが難しいから
私はそうする様に気を付けてます。
完璧には出来てないかもだけど
それで自分も気持ち的に楽になるしね。
だから
七助さんが安心する為に病院に行っても良いんじゃない?
行って落ち着くなら、それはそれで良いイメージで伝わってると思うよ。
あっそれと
歯石取りの話し
人間も大きな手術の時は歯の治療をしてからじゃないと
手術自体が出来ない時もあるみたい。
病気によって違うかもしれないけど、旦那がそうでした。
口内って内臓と直結してるからね。
だから
本当に素敵な獣医さんに恵まれて
くぅ王子は幸せだと思います、羨ましいぐらい。
だから
全身麻酔も先生を信じて
くぅ王子を信じる
しかないよねぇ~
信じて祈るっ
迷わないよーーーに
応援してるからね (^O^)/

2013/09/16 (Mon) 00:14 | EDIT | REPLY |   

七助  

くぅママさん♪

決めたら迷わない!

うん! そうですね!
「命」を守ることに重点を置いて下さる獣医さんと話し合い、
”今”のくぅに最善だと思われる答えを出し、行動しているのですから、
迷ってる場合じゃないですよね。

歯石取りを反対されたのにはちょっと驚いたのですが
獣医さんが仰るには、
歯石に付着している菌が、除去の際に起こる出血により
停留睾丸の手術で開腹した部位に感染する恐れがあるので
全身麻酔よりも感染症のリスクの方を避けたい・・・のだそうです。

この獣医さんの素敵なところは、
飼い主の気持ちにしっかりと耳を傾けて下さるんです。
で、とても不安がっている時は飼い主が納得するまで説明され、
間違った考えには厳しく注意されます。
ただ、叱りとばすのではなく、その根底に「命を守る」という思いがこもった言葉で
厳しく注意されるのです。

くぅを救いたい一心で飛び込んだ病院で
とても良い獣医さんに出会いました。

はっ!!
そうだ、そうそう、
くぅの命とちゃんと向かい合って下さる獣医さんに巡り会えたって喜んでたんだ、私。。。

・・・要らぬ心配をし過ぎて大切なことを忘れてました。

ありがとう、くぅママさん。
一番大切なことを思い出させてくれて。

もう迷いません。
とにかく獣医さんと決めたことを信じてくぅの命を守ります。
ありがとう!!

2013/09/17 (Tue) 11:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。